記事一覧

三兄弟、沖縄で商売す

 名瀬ではあまり仕事が無かったので七男・健七と2人で沖縄へ行こうと計画しました。資金が不足していましたので、三男・英一兄に、10万円ずつ貸して欲しいと頼んだところ、
「10万円とは、とんでもないっ!お前たちには多すぎる金額だ。5万円にしろ。」
と値切られてしまいました。

 しょうがなく5万円ずつ借りて那覇へと向かいました。ここでは健七の同級生の柏木さんという方の下宿屋を拠点にして行商をしましたが、キチンとした店舗を持つと持たないとでは売上げがまったく違ってきます。2ヵ月かけて物件を探し那覇市内の壺屋に間口1.8m、奥行き3.6mの場所を借りました。その残金で
「健七、何でもいいから、とにかく売れそうなものを仕入れておいで。」
と送り出したところ、彼は造花を持ち帰ってきました。

 造花の売り方と売り先は、次のようなものでした。
 まず、原価3円の花を、4本セットにして100円の値を付けました。これを、米兵連中がハニーと呼んでいた沖縄の女性たちの気を惹こうとプレゼント用に買ってくれました。意外な事に、花束は飛ぶように売れたのです。沖縄での商売は思いのほか順調でした。

 そのことがやがて、名瀬の英一兄の耳にも入りました。兄は、
「自分も出資するから仲間に入れてくれ。」
と申し出ました。しかし、健七は大反対です。
「英一兄よ、金を貸すのを渋って希望額の半分しか出してくれなかったくせに、仕事が順調にいきだした今頃のこのこやって来て、俺たち弟を相手に大将づらしようなんて、それはあまりにもムシが良すぎるッ!」
 
 そう言った健七の気持ちは良く判ります。しかし、なぜか、対立する2人の間に立つ者は、中庸の精神を持たざるをえないもので、
「なあ、健七。そうは言っても俺たちに軍資金の5万円を貸してくれたのはこの英一兄だぞ。」
そう言って私がなだめると、言いたいだけ言って少しは気持ちが納まってきたのか、健七もしぶしぶ承知してくれました。
「よしよし、その代わり、これからはいくらでもお前たちに出資してやるからなァ。」
英一兄も現金なものです。

 ともあれ、こうして兄も沖縄にやって来て、那覇で兄弟3人、共同事業を開始しました。
この沖縄での商売も軌道に乗り始め、やがて
「いっそのこと、ここに移り住もうか。」
などと、思いはじめていました